白髪染めを選ぶときには、どのぐらい色持ちするのかという点は重要なポイントではないでしょうか。ヘアカラータイプの白髪染めだと、半永久的に色はつきますが、その代わり髪や頭皮に与えるダメージが大きく、髪がパサパサしてしまいます。一方、ヘアマニキュアタイプだと、髪の表面に染料成分を乗せているだけなので、髪へのダメージは少なくても色持ちはわずか2週間程度しか持たないというデメリットがあります。ヘアボーテ シーエッセンスカラーフォームは、永久染毛剤なので、一度使うと紙の内側まで染料成分がシッカリと浸透し、色持ちは半永久的な効果が期待できるのが特徴です。しかも、キューティクルを無理矢理はがしてそこに色を入れるわけではなく、キューティクルの隙間から染料成分を内側に浸透させていくので、髪へのダメージを最小限に抑えることができます。

 

ヘアボーテ シーエッセンスカラーフォームの色持ちは、基本的には半永久的な効果が期待できます。しかし、髪は毎日少しずつ根元から伸びてきますので、生え際や髪の分け目などからはどうしても白髪は目立ちやすくなってしまいます。そのため、ヘアボーテ シーエッセンスカラーフォームは定期的にリピートして生えてきた白髪にも対応するのがオススメです。

 

ヘアボーテ シーエッセンスカラーフォームを使用する際には、フォーム状になっている白髪染めを髪全体にもみ込み、5分〜15分ほど放置することになります。放置時間を長くすると、それだけ髪の内側に染料成分が浸透するのでシッカリ染まることになり、色持ちは長くなるようですね。髪質によっては染まりやすい人と染まりにくい人がいるので、もしも染まりにくい髪質の場合には、放置時間を追加で5分〜15分、つまり放置時間はトータルで20分〜35分ぐらいに伸ばしてあげるという方法もアリです。一度色がつくと時間が経っても色落ちする心配がないヘアボーテ シーエッセンスカラーフォームなので、染める時に気をつけるのが上手に染めて色持ちさせるコツとなります。

 

ヘアボーテシーエッセンスカラーフォームのさらなる詳細はこちら